Logo

ソーシャルメディアポリシー

 
 (目的)
  第1条  このガイドラインは、株式会社関西東通(以下「当社」という)に従事するすべての従業員
      (役員、正社員、嘱託社員、契約社員、アルバイト、派遣社員、当社からの業務を請け負う
       関係者=当社業務との関係についてのみを範囲とする、を含む。以下「従業員等」という)
       による情報発信を行う場合の取扱いについて定めたものである。

 (情報発信の定義)
  第2条  このガイドラインにおいて情報発信とは、インターネットの利用その他の情報通信技術を
      利用する方法によって、次の項目のことを実施することを指す。
       ● 不特定多数の者に公表されるもの、もしくはその確実性のあるものへの投稿
       ● テレビ・ラジオ番組等への出演または講演、討論、講習、研修における指導もしくは
          知識の教授、著述、監修、編さん
       ● 従業員等が現在担当している業務
       ● 従業員が過去に担当していた業務

 (情報発信の内容に関する留意事項)
  第3条 従業員は、情報発信の内容に関し、次に掲げる事項に留意するものとする。
       ① 個人または団体を中傷し、もしくは誹謗する内容の情報発信を行わないこと
       ② 職務の公正性または中立性に疑義を生じさせるおそれのある内容の情報発信を行わな
          いこと
       ③ 当社の許可なく、当社ないし従業員等自身の勤務状況及び就業中に於ける就業場所の
          情報・画像を、インターネット・SNS(ソーシャルネットワークサービス)等の
          通信媒体を通じてウェブページに書き込みもしくはアップロードをしてはならないこと
       ④ その他当社の信用を傷つけ、または放送業界全体の不名誉となる内容の情報発信を
          行わないこと
 
 (情報発信の時間等に関する留意事項)
  第4条 従業員は、勤務中に業務に関係しない情報発信を行ってはならない。
      ただし、業務に関係しない場合でも、非常時ないし緊急時、または私生活上の必要最小限の
      情報発信については、この限りではない。
    2 その他職務に専念する義務に違反する業務に関係しない情報発信を行ってはならない。

 (匿名による情報発信等)
  第5条 従業員は、匿名による情報発信であっても他の情報と組み合わせることにより発信者を特定
      することが出来る場合もあること、個人の見解であることを明示している場合であっても業務
      上の情報発信と受け止められる場合もあることを踏まえ、このような情報発信を行うに際して
      も第3条に規定する事項に留意するものとする。

 (研修の実施等)
  第6条 当社は、従業員に対して職務に関する情報発信の適切な実施を図るため、従業員等に対して
      必要な研修を実施することがある。
     2 当社は、情報発信を行う場合の取り扱いについて、従業員等が上長等に相談することのできる
      体制の整備を行うものとする。

 (細 則)
  第7条 このガイドラインに定めるもののほか、このガイドラインの実施に関し必要な事項は別に定める。
                                                              
                                               以上

ページのトップへ戻る